スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「避難所に間仕切りを!」 ~支援のデザイン。そのデザインの支援

VAN

7月4日(月)・5日(火)に、Sapporo55 ビル インナーガーデン(紀伊国屋書店札幌本店1F前/札幌市中央区北5条西5丁目7)にて、東日本大震災の被災地域避難所にプライバシー保護を目的の一つとした「紙管を用いた避難所用間仕切り(PPS4)」を設置し続けている国際的建築家の坂茂(ばん・しげる)さんの活動(VAN)を紹介し、支援のあり方についていまいちど考えてみようというイベント「避難所に間仕切りを! ~支援のデザイン。そのデザインの支援。」を開催します。

被災地では、6月末までに、1600セット超ものPPS4が設置されました。しかしながら、一方で、未だ、何の間仕切りもないようなところで生活をしている人々がいるという現実もあります。このことをすこしでも改善したいという思いから、私たち、札幌在住の若手建築家やクリエーター等有志による「VAN 支援札幌プロジェクト」は、「紙管を用いた避難所用間仕切り(PPS4)」の設置活動という「支援のデザイン」をより多くの人々へと紹介し、「その活動の支援」を、北海道で暮らす人々に、あと少しだけお願いしてみようという企画を行うことにしました。

7月4日、5日とも19:00~からトークイベントも開催されますので、ぜひ会場へお越しください。(詳細は下記)

■開催日時

2011年7月4日(月)13:00(設置開始)~21:00
     7月5日(火)10:00~20:40

■場所

sapporo55 ビル インナーガーデン(紀伊国屋書店札幌本店1F前)
札幌市中央区北5条西5丁目7

共催

VAN 支援札幌プロジェクト 竹中工務店

協賛

資材提供

紙管/北海紙管
カーテン/シンコール

協力

Volunteer Architects’ Network ボランタリー建築家機構
紀伊国屋書店


■関連トークイベント

2011年7月4日(月)19:00-

定池祐季さん(北海道大学 地震火山研究観測センター 助教)
野村理恵さん(北海道大学 大学院工学院 建築都市デザイン専攻 助教)

奥尻島で1993年の北海道南西沖地震を経験した定池祐季さんを招いて、被災者の視点や「災害文化の形成」研究から、そっと行う「支援のデザイン」について考えます。


2011年7月5日(火)19:00-

三宅理一さん(建築史家、 藤女子大学 教授)

坂茂さんのVAN(ボランタリー建築家機構)と共に紙管を用いた避難所用間仕切り(PPS4)設置活動を行ってきた建築史家の三宅理一さんを招き、その活動報告と限界におけるデザイン生成などについてお話していただきます。

2011.07.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

Profile

石塚和彦アトリエ一級建築士事務所

ishizuka atelier

Author:ishizuka atelier

Recent Track Back

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。