スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

住友奔別炭鉱立坑櫓

ponbetsu

9月5日。 昨日の晴れもつかの間。雨の降る日が続く。
雨の日も好きだけど、災害のニュースには気持ちも沈む。

さて、かなり前の炭鉱見学づづき。
6月の初めに、三笠市の炭鉱を見学する機会がありました。

そらち炭鉱の記憶マネジメントセンターのSさんと、元北炭炭鉱マンSさんのご案内で、
北炭幌内炭鉱施設跡地を見学した後、住友奔別炭鉱立坑櫓へ。

住友奔別炭鉱立坑櫓は、1960(昭和35)年に建築され、
高さ約51m、立抗内径6.4m深さ750mを誇る、東洋一と呼ばれる立抗。
たった11年間で閉山してしまいましたが、今も街のはずれにひっそりと、その力強い姿を残しています。

赤く錆びた鉄骨と、コンクリートを穿つ緑には、朽ちていくものの美しさを感じて、
なんだか自分の仕事がとても軽薄なもののように思えてきます。

このところ、残念な事もあって、少し迷子になりそうな自分。

でも、9月下旬からは展覧会やイベントが押し寄せてきます。。。
気を取り直して、頑張らなければ。。。

展覧会やイベントのお知らせは、順次、ご紹介していきます。

2011.09.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

Profile

石塚和彦アトリエ一級建築士事務所

ishizuka atelier

Author:ishizuka atelier

Recent Track Back

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。