スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

コンクリート打設 その3.

コンクリート打設 その3

6月5日。 概ね晴れ。でも、蒸し暑い。
このところ、北海道らしくない不安定な天気+湿度が高い。

今日は昼から千歳に行き、戻り次第、現場に直行。
夕方からコンクリート打設と聞いていたが、着いた時には、まさに打設中。。。

コンクリートの打設は時間との勝負。まさに、戦争です。。。
配管の混んでいる所は念入りにバイブレータをかけて、棒で突いていきます。
今回の計画は基礎も小さいため、タイムラグが少なく、コールドジョイント(コンクリートの一体化しない不良部分のこと)の心配も少ない。
でも、室内側は打放しなので念入りに。。。

ところで、密実なイメージのコンクリートですが、通常のコンクリートは防水性はありません。
そこで、今回の計画の基礎では、半地下部分の漏水対策の3つ目として、コンクリートに混和剤を入れています。
混和剤とは、その名の通り、コンクリートに混ぜるもので、たくさんの種類がありますが、
今回は躯体防水剤の「アルファーゾル4」という液体の混和剤です。
これにより、コンクリート自体の防水性・強度がアップするのです。

打っている感覚は、通常のコンクリートよりもネットリ、クリーミーとのこと。。。
たしかに、バイブレータをかけても水がほとんど浮いてきません。
硬化も少し早いみたいですね。

これで基礎も一段落。現場の作業も脱型までしばしのお休みです。。。

2009.06.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ケンチクチュウ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

Profile

石塚和彦アトリエ一級建築士事務所

ishizuka atelier

Author:ishizuka atelier

Recent Track Back

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。