スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

スキマなく。

開口部廻り。

6月30日。 今日は久しぶりの曇り。 時折、気まぐれのように雨がぱらつく。

今日も朝から、現場にて丸三ホクシン建設社長Sさん・棟梁Kさんと打合せ。
先日の宿題のスケッチを持参。Sさんからはスチールタラップ・階段施工図が。

今回の計画では、階段・玄関廻りの断熱・気密ラインが複雑になっています。
スペースを有効に使うために、確信犯の複雑な設計なのですが。。。
念入りに納まりを確認しました。

エントランス廻り。
諸々の詳細納まりを、細かい細かいスケッチをもとに説明。
Kさんの顔が若干こわばっていたような。。。
お手数おかけしますが、よろしくお願いします!

その他、板金納まり・巾木納まりなどなど。
フローリングも現場に入っていたので、何本か見てみる。
色幅が大きいので、貼る前に全部並べてみる必要がありそうです。
塗装も懸案事項。これからですね。。。

写真は、開口部廻りの防水・気密処理の状況です。
外壁を貫通しているダクトや窓など、開口部廻りの透湿防水シートの処理はとても重要です。
しっかりとブチルゴムテープなどで隙間のないように塞ぎます。
ここでも、確実な施工が一番重要です。

2009.07.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ケンチクチュウ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

Profile

石塚和彦アトリエ一級建築士事務所

ishizuka atelier

Author:ishizuka atelier

Recent Track Back

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。