スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

重ねること。

耐水石膏ボード張り。

7月3日。 曇り。 最近の中では涼しい一日。

外壁下地も最終段階。
写真は6/30のものですが、
透湿防水シートの上に壁内通気のための木の横胴縁、
その上に耐水石膏ボードを張った様子です。
そしてこの後、さらに透湿防水シートでくるみ、板金を。

建築を構成する屋根や壁や床は、
こんなふうに、それぞれの機能を持つ材料が幾重にも重なり、
表には見えないところにも職人さんの手の跡が残されていくのです。

通常、建築は、完成したときの状態のみを写真に切り取り、
それをメディアなどから目にすることが多いのですが、
建築の生い立ちは、工事を始めたときから、すでに積み重ねられているのです。
そして、そこでの日々の生活が始まってからも。

そんな日々の積み重ねに馴染んでいくような建築がつくれるといいですね。。。

さて、内部では電気工事が進行中。
最近はCATVやLANなど、いろいろなバリエーションがあるので複雑です。。。
TV同軸ケーブルの分配位置などを確認しながら、諸々、チェック。

2009.07.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ケンチクチュウ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

Profile

石塚和彦アトリエ一級建築士事務所

ishizuka atelier

Author:ishizuka atelier

Recent Track Back

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。