スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

金物。

ホールダウン金物。

7月7日。 晴れの暑い日。 
札幌では七夕は8月なのですが、今宵は星がきれいに見えそうな気配。
日々、忙しない生活でも、ふと夜空を眺める時間、ほしいですね。。。

夕方、現場に行くと、ホクシン建設社長SさんとKさんがお待ちかね。
しばらくすると、クライアントのYさんとお子さんも元気に登場。 勢ぞろいです。

まずは、エコジョーズの納まりの話題。
原設計では、通常の据置架台では納まらない、最小限の高さのスペースで配置していたのですが、階段の納まり調整で、さらにシビアに。。。
踊り場裏の断熱・下地を調整して、少しでもスペースを広げて。。。
設備業者さんには、何とか了承して頂きました。 これぞ、狭小住宅の醍醐味!?

その後、電気メーターボックスの造作・階段納まりなど、打合せ。

2階のフローリングは施工済み。今回のフローリングはミモザ。
住宅ではあまり使わない樹種ですが、いい色合いです。
色の濃淡がはっきりしているので、仕上の塗装がクリアだと激しすぎるかも。。。
少し、色をのせるか。これはずーっと悩んでいる。。。

写真は隅柱の柱脚金物の様子。他にも金物の種類はたくさんあります。
今の在来工法は、構造用合板を張ることによって構成される壁と、柱の柱脚・柱頭の金物を併用することによって、地震や風の力に対抗しています。
適材適所な金物。 これも木造住宅の構造にとって、とても重要なポイントです。

2009.07.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ケンチクチュウ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

Profile

石塚和彦アトリエ一級建築士事務所

ishizuka atelier

Author:ishizuka atelier

Recent Track Back

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。