スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「宮の森の家」 その1。

外観
photo copyright: KEN GOSHIMA

10月8日。 今はもう雨模様。台風の気配がすこしずつ。
雨音は結構好き。

ケンチクチュウではありませんが、
先日完成した、「宮の森の家」をすこしずつ、写真でご紹介します。
写真はKEN五島さん撮影。

改まって、なんですが。。。
「宮の森の家」は、北海道札幌市の中心部にたつ、小さな個人住宅。
計画敷地は、約18坪という、札幌では珍しい狭小敷地です。

建築面積を最大限に確保した木造2階建とすることにより、
建物のボリュームを抑えて全体的なコストダウンを図りながらも、
豊かな内部空間を実現する工夫をしました。

高さを抑えた横連窓の開口は、道路側からの目線を遮りながらも、
リビングルームの床レベルを下げることによって、室内からの見通しを確保します。

また、東西方向に換気開口を設け、吹抜やFRPグレーチングの床を介して、
通風や温度差による自然換気が内部空間全体で行われるように考慮しています。

ということで、写真は南東側外観。 小さい、です。
外壁仕上は、ガルバリウム鋼板立はぜ葺。東側のサッシは、m.a.pの燻煙サッシです。

電柱の支線が邪魔ですが、終点の電柱のため、どうしても無くすことができないのです。。。

次は、内観のご紹介です。

2009.10.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 竣工写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

Profile

石塚和彦アトリエ一級建築士事務所

ishizuka atelier

Author:ishizuka atelier

Recent Track Back

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。