スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

久しぶりに。

KEN GOSHIMA

3月25日。 早春の日差しは弱々しく、まだまだ寒い。
ブログをサボりすぎだというお叱りを頂いたので、とにかく更新!?

このところ、いくつかのテナント工事の図面提出や見積調整など、あたふたと。
大小や種類に関わらず、しっかりと手間をかけて形にしたい。
だから、すぐあたふたしちゃう。 今が正念場。

クライアントの了解が頂けたら、このブログでも工事などの紹介をしたいと考えています。

先週末は、JIA北海道支部学生卒業設計コンクール公開審査会の手伝いを。
もっともっと、学生の参加や熱気があってもよい感じがしたが、
審査員の方々のご苦労を考えると、悩ましい点も多いのかな。

飛び抜けた印象の作品はなかったけど、個人的な好みでは、
Kさんの世田豊平川のそりのついた屋根の家が美しいプレゼ。
昔、ロットリングのインキングにパステルで色をつけていたのを思い出す。
M君の支笏湖の丸い宿泊施設も。
(一部の作品しか見ていないため、まったくの個人的な好みです。。。)

さて、とにかく更新なので、文章と写真がバラバラですが。
宮の森の家の撮影をしていただいた、KEN五島さんの写真集を先日購入。

朽ちて自然に戻る時の建築には、どうしてこんなに、強くて美しくて魅力的で、そして儚さを感じるのだろう。

僕らのつくる、ピカピカの建築が悲しく見える。

2010.03.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

Profile

石塚和彦アトリエ一級建築士事務所

ishizuka atelier

Author:ishizuka atelier

Recent Track Back

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。